男性

目の疲れを改善する|病気から目を守ってくれる

すぐに癒したいという人に

目の疲れ

冷やすか温めるか

目の疲れはいったん起こるとしつこくてなかなか治りにくいものです。目の疲れをとるために保冷剤をくるんだハンカチなどを目に当てている人をよく見かけます。また、反対にレンジで温めたタオルなどを目に当てて目の疲れをとろうとする人もいます。どちらがよいかは、目の疲れのタイプによって違います。ドライアイによって目が乾いて疲れ目になっている人の場合は、涙の分泌を促進するために温める方がよいとされています。一方、炎症が起こっていることが目の疲れの原因になっているときは、おおむね冷やした方がよいといわれています。目の疲れが一時的なものであるときは自分が気持ちよいと感じる方でかまいませんが、目の疲れが何日も続くような場合はきちんと病院で診てもらう方がよいでしょう。

目に効くサプリメントは

目の疲れをとるには、サプリメントを利用するという方法もあります。目の疲れに効果があるとして有名になっているのはアントシアニンのサプリメントです。サプリメントのメーカーによってはアントシアニンではなくブルーベリーと表記した商品名になっているものもあります。アントシアニンは網膜で行われているロドプシンの再合成というシステムを助ける作用を持つので目の疲れに効果的です。緑黄色野菜などから摂れるルテインをサプリメントにした商品も人気が出てきています。概して疲れ目に効く健康成分には抗酸化力の強いものが多くなっています。甲殻類などに含まれるアスタキサンチンも非常に強い抗酸化作用を持っているため、疲れた目を癒すのに効果があります。