男性

目の疲れを改善する|病気から目を守ってくれる

目薬で疲れを解消する

栄養剤

眼精疲労にならないうちに

お仕事でずっと細かい字を見つめているとしょぼしょぼして目がかすんだり、痛みや乾きを感じてきます。目の疲れを放置すると眼精疲労に進行する恐れがあります。こんな時の目の状態は、目の周りの血流が悪くなり、眼球を支える筋肉やピントを合わせる筋肉が疲労して硬くなっています。1時間に1回ぐらいは休憩をして遠くを見るとか、目や瞼を動かして目の疲れをとる体操をするといった方法もあります。これ以外にも、目薬を使って目の疲れを解消するという方法もあります。目薬にはいろいろな種類があるので、自分の症状に合った目薬を選ばないと症状を悪化させてしまうことがあります。市販の目薬には防腐剤が入っていて、これを日常的に点眼することに注意が必要な場合があります。目が充血している場合には特に注意が必要です。

症状に合わせた選択

目が充血している場合は塩酸テトラヒドロゾリンやナファゾリン塩酸塩が配合されている目薬は避ければ大丈夫です。集中して物を見つめ過ぎて瞬きの回数が減るとドライアイになりますが、こんな時は目の角膜に潤いを与えるコンドロイチン酸ナトリウムが入った目薬が効果的です。さらに、目の疲れに良いとされるビタミンAやCが配合されたものがいいでしょう。ドライアイは涙の量が減っている状態なので目薬に含まれる防腐剤を洗い流すことができず、表面に残った防腐剤で目が傷つく可能性があります。市販の目薬を使う場合は使い切りの目薬を使いましょう。かすみ目で焦点を合わせるのに時間がかかる方はネオスチグミンメチル硫酸やビタミンB12が配合された目薬を使いましょう。コンタクトをお使いの方は人口涙液が配合された目薬を使えば安心です。目薬でも人によっては一時的な効果しか得られない場合もあるので、しっかりと改善したいのであればサプリメントがオススメです。サプリメントは内側から働きかけ、目薬よりも持続効果が高いので魅力的です。また、毎日の服用によって内側からしっかりと改善することができるので眼精疲労にならないためにも活用すると良いでしょう。